コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田文三 むらた ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田文三 むらた-ぶんぞう

1882-1956 大正-昭和時代の民謡歌手。
明治15年1月1日生まれ。三菱佐渡鉱山につとめる。大正13年民謡団体立浪会の創立とともに入会。「佐渡おけさ」「相川音頭」を全国に紹介した。昭和30年全国民謡舞踊コンクールで優勝。昭和31年8月10日死去。74歳。新潟県出身。本名文蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村田文三

没年:昭和31.8.10(1956)
生年:明治15.1.1(1882)
民謡「佐渡おけさ」の大成者。本名は文蔵。大正13(1924)年新潟県佐渡郡相川町に結成された民謡団体「立浪会」の中心となり,「文三節」と称された「正調佐渡おけさ」を全国に広めた。

(大貫紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

村田文三の関連キーワード昭和時代おけさ節没年