コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村越化石 むらこし かせき

1件 の用語解説(村越化石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村越化石 むらこし-かせき

1922-2014 昭和-平成時代の俳人。
大正11年12月17日生まれ。ハンセン病をわずらい群馬県草津の栗生楽泉園に入園,栗の花句会(のち高原俳句会と改称)に入会する。昭和24年から大野林火に師事し,28年「浜」同人。49年「山国抄」で俳人協会賞,58年「端坐」で蛇笏(だこつ)賞。平成20年「八十路」で山本健吉文学賞。平成26年3月8日死去。91歳。静岡県出身。本名は英彦。句集はほかに「八十八夜」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村越化石の関連キーワード登録記念物田爪愛里あゆみくりかまきHAPPYブラジル文学緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史鈴木とーる

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村越化石の関連情報