コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野林火 おおの りんか

5件 の用語解説(大野林火の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大野林火

俳人。神奈川県生。本名は正(まさし)。東大経済学部卒業、臼田亜浪に師事し俳誌「石楠」に俳句・評論を発表。昭和14年第一句集『海門』出版、21年に俳誌『浜』を創刊し主宰、後進の指導に当ったほか「俳句研究」「俳句」の編集長をつとめるなど中正的確な鑑賞力に定評がある。53年に俳人協会々長。『大野林火全句集』の著書がある。昭和57年(1982)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおの‐りんか〔おほのリンクワ〕【大野林火】

[1904~1982]俳人。神奈川の生まれ。本名、正(まさし)。臼田亜浪(うすだあろう)に学び、俳誌「石楠(しゃくなげ)」に作品を発表。第二次大戦後、俳誌「」を創刊し、主宰。句集に「冬青集」「早桃」、評論に「高浜虚子」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大野林火【おおのりんか】

俳人。神奈川県生れ。本名,正(まさし)。東大経済学部卒。臼田亜浪門下。《石楠(しゃくなげ)》に作品,評論を発表,1939年第1句集《海門》で高く評価された。戦後の1946年,句誌《浜》を創刊主宰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野林火 おおの-りんか

1904-1982 大正-昭和時代の俳人。
明治37年3月25日生まれ。臼田亜浪(うすだ-あろう)に師事し,「石楠(しゃくなげ)」に俳句,評論を発表。昭和21年「浜」を創刊し主宰,野沢節子らをそだてた。「俳句」などの編集にあたった。53年俳人協会会長。昭和57年8月21日死去。78歳。神奈川県出身。東京帝大卒。本名は正(まさし)。著作に「高浜虚子」,句集に「海門」など。
【格言など】萩明り師のふところにゐるごとく(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野林火
おおのりんか
(1904―1982)

俳人。横浜市生まれ。本名正(まさし)。東京帝国大学経済学部卒業。1921年(大正10)臼田亜浪(うすだあろう)の『石楠(しゃくなげ)』に参加、作句、評論に活躍。46年(昭和21)『濱(はま)』を創刊、主宰。初期と後期では作風に多少の違いはみられるが、繊細な感覚による豊かな叙情性は一貫した。神奈川文化賞、横浜文化賞、蛇笏(だこつ)賞ほかを受賞。俳人協会会長を務めるなど俳壇への貢献も高く、句集に『海門』(1939)、『潺潺(せんせん)集』(1967)、『林火一千句』(1980)、評論集『近代俳句の鑑賞と批評』(1967)などがある。[鷹羽狩行]
 ねむりても旅の花火の胸にひらく
『『大野林火集』(1978・俳人協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野林火の関連キーワード長谷川かな女石田あき子尾崎迷堂岸田稚魚栗生純夫後藤夜半沢田はぎ女滝田不勿松野加寿女室積波那女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大野林火の関連情報