コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束刈 そくかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

束刈
そくかり

苅ともいう。中世から近世にかけて用いられた田積の単位。時代,場所によって差があったが,1苅を1反の 100分の1とすることが多かった。鎌倉時代には越後で 600苅を,江戸時代には美濃で 60苅を1反としたこともあった。1苅の 10分の1を把 (は) と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の束刈の言及

【刈∥苅】より

…耕地の面積単位で,稲1束を収穫しうる面積。ときに束(そく)刈または束把(そくは)刈とよぶこともある。(しろ)と密接な関係をもち大化前代から北陸・東北地方で使用されていたものと思われる。…

【束】より

…1束の稲を収穫しうる面積を1代(しろ)とよんだことから,50束を1反(段)とする面積単位となったこともある。近世でも束刈(そくかり)という面積単位が民間で行われている。律令制崩壊後は束の量は不定となり,江戸時代仙台地方の例では6把1束,1束から籾2~3升をとった。…

※「束刈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

束刈の関連キーワード刈り高・刈高・苅り高・苅高刈取機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android