コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束刈 そくかり

1件 の用語解説(束刈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

束刈
そくかり

苅ともいう。中世から近世にかけて用いられた田積の単位。時代,場所によって差があったが,1苅を1反の 100分の1とすることが多かった。鎌倉時代には越後で 600苅を,江戸時代には美濃で 60苅を1反としたこともあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の束刈の言及

【刈∥苅】より

…耕地の面積単位で,稲1束を収穫しうる面積。ときに束(そく)刈または束把(そくは)刈とよぶこともある。(しろ)と密接な関係をもち大化前代から北陸・東北地方で使用されていたものと思われる。…

【束】より

…1束の稲を収穫しうる面積を1代(しろ)とよんだことから,50束を1反(段)とする面積単位となったこともある。近世でも束刈(そくかり)という面積単位が民間で行われている。律令制崩壊後は束の量は不定となり,江戸時代仙台地方の例では6把1束,1束から籾2~3升をとった。…

※「束刈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

束刈の関連キーワード御用絵師強飯悪しい荒くもしい唐子髷郷村ビオール石子詰猿楽四座シャンブルズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone