来名戸之祖神(読み)くなどのさえのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

来名戸之祖神 くなどのさえのかみ

日本書紀」にみえる神。
「くなど」とは「きてはならない所」の意味。道の分岐点村境などで悪霊の侵入をふせぐ神であり,道祖神原型とされる。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉国(よみのくに)から脱出したときになげた杖から化生したという。「延喜式」道饗祭祝詞(みちあえのまつりのりと)にもみえる。「古事記」では衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android