東 貞一(読み)ヒガシ テイイチ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「東 貞一」の解説

東 貞一
ヒガシ テイイチ


職業
ピアニスト

肩書
大阪芸術大学教授

生年月日
明治36年 5月31日

出生地
東京

学歴
京都帝大哲学科〔昭和3年〕卒,京都帝大大学院文学研究科博士課程修了

経歴
川窪美須々に指導を受け、さらにポール・ビノグラドフ、ポール・カバリョフ、レオ・シロタ、レオニード・クロイツァーに師事。昭和3年大阪で初リサイタル、以後大阪、京都でリサイタルのほか、オーケストラとも共演。また、バッハからドビュッシー、ラベルまでの作品を歴史的に解説演奏する研究会を組織。46年シューマン全作品、47年バッハ作品の解説と演奏の講座を開催。この間、同志社女子専講師を経て、戦時中沼津海軍兵器廠嘱託として音響心理学を研究。戦後、大阪音大講師、大阪芸大教授。著書に「ピアノ演奏基礎的な3つの様式」「ピアノ演奏の理論」。

没年月日
昭和55年 12月5日 (1980年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android