東ケープ州(読み)ひがしケープ(英語表記)Eastern Cape

  • 東ケープ〔州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南アフリカ共和国中南部の州。州都はビショ。北でレソトに接し,南と南東インド洋に臨む。クワズールー・ナタール州南部に飛び地がある。1994年までケープ州の一部。山地が大部分を占め,北東部ではドラケンスベルク山脈の南尾根が標高 2700mに達する。大陸南部に広がる内陸高地草原(ハイベルト)から南に向かって標高が下がり,インド洋沿岸に細い海岸平野を形成する。沿岸部は亜熱帯に属するが,北部の山岳地帯は温暖で,冬季は降雪をみる。黒人が人口の 4分の3以上,混血が約 1割を占め,白人は少数。黒人の大部分がコーサ語,人口の約 1割がアフリカーンス語を話し,英語などがそれに次ぐ。メリノ種のヒツジアンゴラヤギ乳牛が州全域で飼育されるほか,内陸部でコムギトウモロコシ,沿岸部でオレンジ,パイナップル,タバコなどが栽培される。ポートエリザベスイーストロンドンは自動車,缶詰製造などの工業中心地。クラドックの西にマウンテン・ゼブラ国立公園がある。面積 16万9580km2。人口 703万9300(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東ケープ州の関連情報