コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ヨーロッパ平原 ひがしヨーロッパへいげんVostochno-yevropeyskaya Ravnina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東ヨーロッパ平原
ひがしヨーロッパへいげん
Vostochno-yevropeyskaya Ravnina

東ヨーロッパに広がる大平原ロシア平原ともいう。北をバレンツ海白海で,北西をスカンジナビア脊梁山地で,西と南西を中部ヨーロッパの山地とカルパート山脈で,南を黒海,大カフカス山脈カスピ海で,東をウラル山脈ムゴジャルイ丘陵で限られ,ロシア連邦のヨーロッパ部分,バルト3国,ベラルーシウクライナ大部分カザフスタン,ポーランド北西部,フィンランド,スウェーデンの大部分,およびノルウェー南東部が入る。平均標高 170mで,最高点は南西部のポドリスク丘陵のカムラ山 (471m) 。北部は氷河作用を受け,ところどころに丘陵があるが低平で,氷河堆積物で覆われている。南部は多くの谷により分断された平地になっている。この平原の大部分は森林地帯で,南部が森林ステップ,ステップ,カスピ海沿岸が砂漠地帯に入る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東ヨーロッパ平原の関連キーワードクママヌイチ凹地キーロフ州リャザン州チマン丘陵プスコフ州ボログダ州モスクワ州リペツク州ドネツ丘陵エストニア浸食平野構造平野モスクワ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android