コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京パック とうきょうパック

1件 の用語解説(東京パックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうパック【東京パック】

明治後半期~大正初期の代表的漫画雑誌。1905年4月号から15年11月号までの刊行が確認されている。有楽社発行。北沢楽天が主宰し,スタッフ川端竜子坂本繁二郎,山本鼎,石井鶴三ら,のちに一家をなす画家たちを擁していた。四六四倍判16ページ建てで,色刷り(石版4色刷り)が新鮮だった。10銭という安い値段と日露戦争を題材とする漫画により人気を獲得,一時は10万部も発行し,風刺漫画を大衆に親しいものとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東京パックの関連キーワード北沢楽天娘義太夫上期・下期コミック朦朧体後半期前半期対応時間の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京パックの関連情報