東京パック(読み)とうきょうパック

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうパック【東京パック】

明治後半期~大正初期の代表的漫画雑誌。1905年4月号から15年11月号までの刊行が確認されている。有楽社発行。北沢楽天が主宰し,スタッフに川端竜子坂本繁二郎山本鼎,石井鶴三ら,のちに一家をなす画家たちを擁していた。四六四倍判16ページ建てで,色刷り(石版4色刷り)が新鮮だった。10銭という安い値段と日露戦争題材とする漫画により人気を獲得,一時は10万部も発行し,風刺漫画を大衆に親しいものとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京パックの関連情報