コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端竜子 カワバタリュウシ

デジタル大辞泉の解説

かわばた‐りゅうし〔かはばた‐〕【川端竜子】

[1885~1966]日本画家。和歌山の生まれ。本名、昇太郎。初め洋画を学び、渡米後に日本画に転向。壮大豪放な表現を理想とし、会場芸術としての日本画を唱えて院展を脱退、青竜社を結成。終生在野の立場を貫いた。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川端竜子【かわばたりゅうし】

日本画家。本名昇太郎。和歌山市生れ。初め洋画を学んだが,1913年渡米後日本画に転向して院展に出品。1928年院展を脱退し,翌年大作による会場芸術を主張して青竜社を創立。
→関連項目川端茅舎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川端竜子 かわばた-りゅうし

1885-1966 大正-昭和時代の日本画家。
明治18年6月6日生まれ。白馬会洋画研究所などで洋画をまなぶ。渡米後,日本画に転向,平福百穂(ひゃくすい)らの无声(むせい)会に参加。大正5年院展で「霊泉由来」が樗牛(ちょぎゅう)賞受賞。昭和4年会場芸術をとなえ青竜社を結成,主宰した。壮大で奔放な数々の大作を発表。34年文化勲章。昭和41年4月10日死去。80歳。和歌山県出身。本名は昇太郎。作品はほかに「新樹の曲」「潮騒」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわばたりゅうし【川端竜子】

1885‐1966(明治18‐昭和41)
日本画家。本名昇太郎。和歌山市に生まれる。1895年上京,白馬会研究所,太平洋画会研究所で洋画を学び,東京パック社,国民新聞社に入社して挿絵,漫画を担当した。1907年,08年の第1回,第2回文展に入選したが,13年渡米し,帰国後は日本画に転じた。渡米中,ボストン美術館で《平治物語絵巻》とピュビス・ド・シャバンヌの壁画に感銘を受けたことによるという。15年第2回院展に《狐の径》が初入選,以後《霊泉由来》で院友,《神戦の巻》で同人に推され,《印度更紗》《佳人好在》など奇抜な構想と洋風描写をとり入れた画風で人気を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわばたりゅうし【川端竜子】

1885~1966) 日本画家。和歌山市生まれ。本名、昇太郎。茅舎の異母兄。初め洋画を学ぶが、のち日本画に転じた。会場芸術を唱え、青竜社を結成。伝統的な技法や形式を破る豪放な筆致で大作を描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の川端竜子の言及

【川端茅舎】より

…本名信一(のぶかず)。父は漢詩,俳諧,書画をたしなんだ風流人で,その芸術的な血は茅舎にも継がれ,画家川端竜子は異母兄である。1921年,洋画を志し岸田劉生に師事,かたわら15年以降《ホトトギス》などへの投句遍歴を続けた。…

※「川端竜子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川端竜子の関連キーワードピュビス・ド・シャバンヌ山崎豊(3)加納三楽輝福田豊四郎昭和時代星野水裏安西啓明小畠鼎子小川千甕田中一村阪口一草山岡良文川口春波刑部人根本進筆致茅舎技法春蘭川端

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川端竜子の関連情報