コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本繁二郎 さかもと はんじろう

美術人名辞典の解説

坂本繁二郎

洋画家。福岡県生。小学校時代、青木繁同級で、ともに森三美に洋画を学ぶ。不同舎・太平洋画会研究所に入る。二科会創立に参加。阿蘇の馬を題材とした作品を多く描く。二科会解散後は無所属となり独自の画境を展開した。毎日美術賞・朝日賞受賞。文化勲章受章。八女市名誉市民。昭和44年(1969)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さかもと‐はんじろう〔‐ハンジラウ〕【坂本繁二郎】

[1882~1969]洋画家。福岡の生まれ。二科会創立に参加。馬・能面などを題材として、微妙な色調のうちに思索的情趣をたたえた作品を制作した。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

坂本繁二郎【さかもとはんじろう】

洋画家。久留米市生れ。1902年青木繁とともに上京して小山正太郎の不同舎に入り,翌年太平洋画会研究所に移った。1907年第1回文展に出品した《北茂安村の一部》で画壇に出,1914年二科会創立に参加。
→関連項目福岡県美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本繁二郎 さかもと-はんじろう

1882-1969 明治-昭和時代の洋画家。
明治15年3月2日生まれ。35年上京して不同舎,太平洋画会研究所にまなぶ。第1回文展に入選。のち二科会の創立に参加した。フランス留学後は郷里福岡県で「放牧三馬」など馬をテーマに制作。晩年は能面や静物などをえがく。昭和31年文化勲章。昭和44年7月14日死去。87歳。
【格言など】ぼくは生涯好きなことをやってきた。ほんとうにお世話になったね(最期の言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかもとはんじろう【坂本繁二郎】

1882‐1969(明治15‐昭和44)
洋画家。福岡県久留米に生まれ,小学校時代から油絵を描き,1902年同郷の青木繁と共に上京して不同舎,太平洋画会研究所に学んだ。10年以降文展に入選したが,14年在野二科会の創立に参加,21年から24年までフランス留学中間色による独特の色調はこの留学で身につけた。帰国後は久留米に居を定め,没するまで九州にあって,牧場の馬や牛,あるいは果実や野菜,箱,能面などを主題とした作品を描き,また80歳をこえると月を描いた連作を発表,没するまで意欲的な制作活動を展開した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さかもとはんじろう【坂本繁二郎】

1882~1969) 洋画家。福岡県生まれ。フランス留学などを経て瞑想的な写実から独自の色彩の世界を築く。「放牧三馬」など馬を多く描いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂本繁二郎
さかもとはんじろう

[生]1882.3.2. 久留米
[没]1969.7.14. 福岡,八女
洋画家。小学校で同級であった青木繁とともに,森三美に洋画を学び,1902年彼とともに上京,同じく小山正太郎の不同舎に入る。 04年から太平洋画会研究所に学び,太平洋画会展,文展に出品。 14年二科会創立に参加,その解散まで同展に牛を主題とした作品を多く発表。 21年渡欧。 24年帰国後は郷里に住み,放牧馬に取材した作品を多く制作した。 31年福岡県八女 (やめ) に移住後は寡作ながら馬,果物,野菜を題材とした作品を発表。第2次世界大戦後は美術団体に属さず静かな創作生活をおくり,晩年に左眼の視力を失ったが最後まで制作を続けた。印象派的表現から,微妙な色彩のハーモニーのなかに内面性の強い実在感を求める「東洋的後期印象派」ともいえる画風を築き,近代日本洋画壇で独自の位置を占めた。 54年毎日美術賞,56年文化勲章,63年朝日賞を受ける。八女市名誉市民。主要作品『うすれ日』 (1912) ,『放牧三馬』 (32,石橋美術館) ,『水より上がる馬』 (53) ,『能面』 (55,福岡県立美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本繁二郎
さかもとはんじろう
(1882―1969)

洋画家。明治15年3月2日、久留米(くるめ)市に旧有馬藩士の子として生まれる。高等小学校時代に森三美(みよし)について洋画を学ぶが、同級生に青木繁(しげる)がいた。1902年(明治35)上京して小山(こやま)正太郎の不同舎に入門、翌年新設の太平洋画会研究所に学び、同会展覧会に出品を続ける。07年、東京府勧業博覧会に『大島の一部』を出品して三等賞牌(しょうはい)を受けるほか、同年第1回文展に出品。しばらく東京パックに入社のほか、『方寸(ほうすん)』誌の同人となる。10年第4回文展で『張り物』が褒状、第5回文展で『海岸』が三等賞を受けたが、14年(大正3)在野の二科会の創立に参加した。印象主義を徹底して試み、やがてその感覚的な限界を超えて、物の存在の本質的な追求へと歩みを進めていく。
 1921~24年渡仏し、アカデミー・コラロッシに入り、『帽子を持てる女』などをサロン・ドートンヌに出品。大いに油彩技術の進歩をみるとともに、自己本来の画道への自信を深め、帰国後は上京せず郷里に定住、31年(昭和6)福岡県八女(やめ)にアトリエを構えた。昭和初めから九州各地に馬を求めて題材とし、『放牧三馬』ほか数多く制作するほか、戦時中は身辺の静物を題材としている。第二次世界大戦後は自由な無所属の立場を守り、芸術院会員に推されたが辞退し、能面などを好んで主題として瞑想(めいそう)的な東洋の近代的写実画境を深めた。『水より上がる馬』により53年度の毎日美術賞を受けた。翌年ベネチア・ビエンナーレ展に出品。56年に文化勲章、63年に朝日賞を受けた。最晩期には『幽光』など月をモチーフにした幻想的作品が少なくない。昭和44年7月14日八女市の自宅で没した。[小倉忠夫]
『『坂本繁二郎文集』増補改訂版(1970・中央公論社) ▽小倉忠夫解説『現代日本美術全集11 坂本繁二郎』(1972・集英社) ▽河北倫明著『坂本繁二郎』(1974・中央公論美術出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の坂本繁二郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…芸術表現における画家の人格=自我の優越を主張する個性主義的な芸術は,まず二科会によって強力に実践されることになった。 二科会は石井柏亭,津田青楓,梅原竜三郎,山下新太郎,有島生馬,斎藤豊作,坂本繁二郎,湯浅一郎(1868‐1931),小杉未醒(放庵)を創立会員として,14年に発足した。またクールベやセザンヌに学んでフランスから帰った安井曾太郎が翌15年に参加し,《足を洗う女》(1913),《孔雀と女》(1914)などのすぐれた滞欧作によって多くの青年画家を吸引した。…

※「坂本繁二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂本繁二郎の関連キーワード青木繁(1882~1911)ブリヂストン美術館サロン・ドートンヌ小山 正太郎福岡市美術館坂本 繁二郎伊東 静尾東京パック二宮 冬鳥大川(市)田崎 広助井上 三綱地主 悌助伊東静尾森 三美田崎広助地主悌助井上三綱林倭衛写実

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本繁二郎の関連情報