東京帝国大学水力学及び水力機講義ノート(真野文二/井口在屋教授)(読み)とうきょうていこくだいがくすいりょくがくおよびすいりょくきこうぎのーと

事典 日本の地域遺産の解説

(東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5F日本機械学会事務局展示室)
機械遺産」指定の地域遺産〔第25号〕。
東京帝国大学工学部機械工学科における1905(明治38)年当時の講義ノート。第1冊は『水力学及水力機』で、前半のHydraulics(水力学)は井口在屋教授、後半のHydraulics Machinery(水力機械)は真野文二教授によるもの。第2冊は『数学第二』で講義者不明、内容は解析学の講義(微分学、積分学、微分方程式)

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android