コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水力学 スイリキガク

デジタル大辞泉の解説

すい‐りきがく【水力学】

液体、特にの力学的性質やエネルギーを対象に、機械設計などの工学的応用面から研究する学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水力学【すいりきがく】

流体力学の応用部門の一つ。水路・管路,流体機械などの中の流れを,実験的事実に重点をおいて研究する学問。広義には液体,特に水の力学的性質などの工学的応用を研究する学問。
→関連項目機械工学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいりきがく【水力学 hydraulics】

流体や気体のように自由に変形する物質を固体と対比して流体というが,流体が流れるときの圧力変化や周囲の物体に及ぼす力を調べる学問は,水力学,流体力学,空気力学,レオロジーなど,さまざまな名まえで呼ばれる。このうち,空気力学aerodynamicsは高速の気体の流れを,レオロジーはコロイドや高分子のように複雑な構造をもつ液体の流れを主として取り扱い,独立した分野を形づくっている。 一方,水力学と流体力学は,流れの問題を幅広く取り上げ,その間に一線を画すことはむずかしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいりきがく【水力学】

水の運動に伴って生じる圧力・速度・抵抗など水の力学的問題を取り扱い、機械や設計などに応用する学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水力学
すいりきがく

水理学」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水力学
すいりきがく

機械工学の一分野で、水や空気などの流体の運動に関する力学的な諸問題を扱う学問。「すいりょくがく」ともいう。送水管やガス輸送管などの設計や、ポンプ、タービンなどの流体機械の設計などに関係する事項を対象とするが、内容的には水理学に含まれる部分が多い。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水力学の関連キーワードハートリー(Douglas Rayner Hartree)ミラー(William Hallowes Miller)マクスウェル(James Clerk Maxwell)クラペイロン‐メンデレエフの法則ダグラス・R. ハートレーレオナルド・ダ・ビンチヘルツベルクの法則荏原製作所(株)フルネーロン動的形状要因ステビーンレイノルズベリドールトリチェリ兼重寛九郎レーノルズビュルダンマリオット戦争機械阿部謙夫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android