東光寺の鬼会

デジタル大辞泉プラスの解説

東光寺の鬼会

兵庫県加西市上万願寺町に伝わる民俗行事。毎年1月に東光寺で行われる。稲作の所作を模した「田遊び」が演じられた後、厄年の男性が演じる赤鬼・青鬼が松明や鉾を打ち振りながら堂内を巡り、一年の災厄を祓う。「鬼追い」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android