東堂(読み)とうどう

精選版 日本国語大辞典「東堂」の解説

とう‐どう ‥ダウ【東堂】

〘名〙
① 家の東側の建物。
※三代実録‐元慶七年(883)五月一〇日「於朝集堂、賜饗渤海客徒、大臣已下就東堂座」 〔書経‐顧命〕
② (中国、晉の郤詵が試験を受けた宮殿の名から) 試験場。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「東堂一枝折、南海百城専」 〔帰田録‐下〕
③ 禅宗で、本寺の前任の住職。他寺の前住を西堂というのに対する語。
※瑩山清規(1324)下「如当寺退院長老。称之東堂

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android