コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東時常 とう ときつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東時常 とう-ときつね

?-1312? 鎌倉時代の武将,歌人。
東行氏(ゆきうじ)の子。7代将軍惟康(これやす)親王につかえる。歌は「新後撰(ごせん)和歌集」などにある。正和(しょうわ)元年4月3日死去といわれる。法名は素阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東時常の関連キーワード鎌倉時代東行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android