コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋弥十郎(5世) きねややじゅうろう[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋弥十郎(5世)
きねややじゅうろう[ごせい]

[生]天保11(1840)
[没]1873
長唄三味線方の家元。4世杵屋弥十郎の門弟。前名弥吉。元治1 (1864) 年頃,5世を襲名大薩摩が巧みで,長唄三味線の糸が太くなったのはこの人からといわれる。『六の花』を作曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

杵屋弥十郎(5世)の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)アヘン戦争シュティフターレールモントフダッドレーチエールおもなお雇い外国人チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)幕藩体制

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android