コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大薩摩 おおざつま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大薩摩
おおざつま

(1) 三味線音楽の一種 大薩摩節のこと。江戸浄瑠璃の一派で,豪快な曲節を特色とする。享保初年頃,歌舞伎に出勤,荒事の伴奏音楽を演奏していた1世大薩摩主膳太夫が流祖。特に享保 14 (1729) 年1月,2世市川団十郎のために『鏃 (やのね) 五郎』をつとめ,人気大いに上ったが,次第に衰退に向い,3世主膳太夫没後は後継者なく,文政9 (1826) 年,長唄に吸収され,以後,大薩摩は長唄人の兼業となり,長唄も大薩摩の影響を受けることになった。『矢の根』『鳴神』『不動』が代表曲。3世杵屋勘五郎は大薩摩の旋律を 48通りに整理,「大薩摩四十八手」と名づけた。 (2) 歌舞伎演出用語 歌舞伎劇の時代,だんまりの開幕前に,浅黄幕の幕外で,長唄の唄い手と三味線弾きが立ったまま,豪快に演奏すること。しかしこれは,その旋律に大薩摩の手を使うということで,本来の大薩摩節とは無関係。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ざつま〔おほ‐〕【大×薩摩】

大薩摩節」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおざつま【大薩摩】

「大薩摩節ぶし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大薩摩の言及

【大薩摩節】より

…江戸時代の初め,京都から江戸に下った浄瑠璃語り薩摩浄雲の流れをくむ硬派の浄瑠璃。文献では薩摩外記大掾藤原直政の門弟薩摩文五郎が大薩摩主膳太夫と改名して享保初年(1720年ころ)に創始したといわれる。享保~宝暦期(18世紀中ころ)に江戸歌舞伎の市川流荒事の伴奏音楽として全盛期をむかえたが,中期以後しだいに,長唄や豊後節系浄瑠璃に圧倒されて衰退,1826年(文政9),家元権が4世杵屋(きねや)三郎助(のち10世六左衛門)にあずけられ,さらに68年(明治1)にはその家元権が正式に3世杵屋勘五郎に譲与されて,長唄に吸収された。…

※「大薩摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大薩摩の関連キーワード杵屋六左衛門(別家10世)吉住 小三郎(3代目)大薩摩主膳太夫(3代)大薩摩主膳太夫(2代)杵屋六左衛門(11代)大薩摩主膳太夫(初代)芳村 伊十郎(6代目)大薩摩文太夫(2代)杵屋 栄蔵(3代目)藤間勘右衛門(初代)杵屋六左衛門(4代)大薩摩文太夫(3代)杵屋弥十郎(初代)杵屋弥三郎(3代)杵屋作十郎(2代)富士田新蔵(初代)杵屋弥十郎(5世)杵屋勘五郎(3世)薩摩太夫(2代)薩摩外記(初代)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android