コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井康成 まつい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井康成 まつい-こうせい

1927-2003 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和2年5月20日生まれ。昭和32年月崇寺(茨城県笠間市)住職となり,35年月崇寺焼を再興。42年から田村耕一にまなぶ。練上手(ねりあげで)による作陶に独自の装飾スタイルを導入した。平成5年練上手で人間国宝。平成15年4月11日死去。75歳。長野県出身。明大卒。本名は美明(みめい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松井康成の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門茨城県陶芸美術館昭和

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android