松井康成(読み)まつい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井康成 まつい-こうせい

1927-2003 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和2年5月20日生まれ。昭和32年月崇寺(茨城県笠間市)住職となり,35年月崇寺焼を再興。42年から田村耕一にまなぶ。練上手(ねりあげで)による作陶に独自の装飾スタイルを導入した。平成5年練上手で人間国宝。平成15年4月11日死去。75歳。長野県出身。明大卒。本名は美明(みめい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android