象嵌/象眼(読み)ぞうがん

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぞうがん【象嵌/象眼】

工芸品の装飾技法の一つ。地の素材となる金属・木材・陶磁などを彫り、そこに金、銀、貝、地と異なる色や種類の木や陶磁など、他の材料をはめ込んで模様を表すもの。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

象嵌【ぞうがん】

工芸装飾の技法。象眼とも書く。金属・陶磁・木材などの材料の表面に他の材料(同種のこともある)をはめこむこと。金属の象には,文様や文字を線状にはめこんだ糸象嵌,板状に幅広くはめた平象嵌や,布目象嵌,高肉象嵌,切嵌(きりはめ)象嵌などがある。陶磁器では素地に異なった色の土を嵌入して絵や文様を表し,(うわぐすり)をかけて焼き,木材では主として紫檀,黒檀や象牙などをはめこむ。
→関連項目木画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうがん【象嵌】

工芸の装飾技法。金属,陶磁,木材などの材料の表面に,他の材料(同種のこともある)を嵌(は)め込む技術をいう。 金属象嵌の場合,素地となる銅,鉄などの金属面を彫って金,銀,赤銅(しやくどう)などを嵌め込むことが多く,糸(いと)象嵌,平(ひら)象嵌,布目(ぬのめ)象嵌,高肉(たかにく)象嵌,切嵌(きりばめ)象嵌などがある。(1)糸象嵌 針金象嵌ともいい,金属表面に鏨(たがね)で文様や文字の形を彫り,そのあとに糸状の細い金属を嵌め込み表面を平らにする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の象嵌/象眼の言及

【青銅器】より

…これらの細密な文様も,前の時期に発明された,単位文様を原型から移す方法で製作されている。この時期には簡単な金銀の象嵌も始まる。また青銅器の表面に動物形の神像,戦争,狩猟,饗宴の光景を影絵風に銅で象嵌する技法も生まれた。…

【彫金】より

…鋳造または鍛造(たんぞう)された金属器の表面に,鏨(たがね)で文様を彫ったり,透かしたり,他の金属を嵌(は)めて装飾したりする金工の加飾技法。毛彫(けぼり)や蹴彫(けりぼり)などの線刻,魚々子打(ななこうち),高肉彫や透彫(すかしぼり),象嵌(ぞうがん)などに大別される。 〈点線彫(てんせんぼり)〉は,先のとがった細い鏨を連続して打ち,点線を表現する技法。…

【木工芸】より


[西アジア,西欧]
 木の家具の歴史は古く,古代エジプトではファラオの玉座をはじめ寝台,椅子,腰掛,櫃(ひつ),テーブル,化粧箱,頭架などが作られている。それらの装飾には彫刻,象嵌,塗装,金箔付けなど木工芸にとって主要な装飾技法が使われていた。木材加工に使用した工具には鋸(のこぎり),鑿(のみ),ハンマー,斧,錐(きり),小刀,砥石(といし)などがあり,また部材の組手には枘接(ほぞつぎ)と蟻接(ありつぎ)などが使われていたことからみて,古代エジプトの木工技術はきわめて高い水準に達していたものとみられる。…

※「象嵌/象眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android