コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松任谷由実(読み)まつとうやゆみ

百科事典マイペディアの解説

松任谷由実【まつとうやゆみ】

歌手,作詞・作曲家。東京都出身。多摩美術大学在籍中の1972年,荒井由実の名でデビュー。翌年アルバム《ひこうき雲》を発表。1975年《ルージュの伝言》《あの日に帰りたい》の連続ヒットでニューミュージックの先駆的地位を確立,〈ユーミン〉の愛称で親しまれる。1976年音楽家の松任谷正隆と結婚。以後も常に第一線で活躍,鋭い恋愛描写で20〜30代女性を中心に圧倒的支持を受けており,ヒット曲に《真夏の夜の夢》《春よ,来い》など。2013年紫綬褒章受章。
→関連項目歌謡曲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松任谷由実 まつとうや-ゆみ

1954- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和29年1月19日生まれ。昭和47年レコードデビュー。48年「ひこうき雲」,50年「あの日に帰りたい」などがヒット,ニューミュージック-ブームの先駆けとなり,ユーミンの愛称でしたしまれる。51年音楽プロデューサー松任谷正隆と結婚。呉田軽穂(くれた-かるほ)の名で作品を提供している。平成19年39枚目のシングル「人魚姫の夢」をリリース。東京出身。多摩美大卒。旧姓荒井

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松任谷由実の関連情報