松原一枝(読み)まつばら かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原一枝 まつばら-かずえ

1916-2011 昭和-平成時代の小説家。
大正5年1月31日生まれ。大連にそだつ。昭和20年結婚,5年後夫と死別し,大蔵事務官をつとめながら創作をつづける。44年詩人矢山哲治をえがいた「お前よ美しくあれと声がする」で田村俊子賞。平成23年1月31日死去。95歳。山口県出身。福岡女子専門学校(現福岡女子大)卒。本名は古田一枝。作品はほかに「今日よりは旅人か」「の大連」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android