コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原一枝 まつばら かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原一枝 まつばら-かずえ

1916-2011 昭和-平成時代の小説家。
大正5年1月31日生まれ。大連にそだつ。昭和20年結婚,5年後夫と死別し,大蔵事務官をつとめながら創作をつづける。44年詩人矢山哲治をえがいた「お前よ美しくあれと声がする」で田村俊子賞。平成23年1月31日死去。95歳。山口県出身。福岡女子専門学校(現福岡女子大)卒。本名は古田一枝。作品はほかに「今日よりは旅人か」「幻の大連」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松原一枝の関連キーワード小説家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android