松原謙一(読み)まつばら けんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原謙一 まつばら-けんいち

1934- 昭和後期-平成時代の分子生物学者。
昭和9年2月2日生まれ。50年阪大教授となり,62年同大細胞工学センター長。酵母から遺伝子工学的にB型肝炎ウイルスワクチンを開発した。ヒトのゲノム解析計画の推進役のひとり。平成11年DNAチップ研究所を設立し社長。18年文化功労者。東京出身。東大卒。著作に「ヒトの分子生物学を提唱する」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android