松屋種(読み)まつやたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松屋種 まつやたね

日本書紀」にみえる女性。
沙麼県主(さばのあがたぬし)の祖。仲哀(ちゅうあい)天皇が熊襲(くまそ)を討つため筑紫(つくし)の橿日宮(かしいのみや)にいたとき,松屋種ら3人に神託があり,宝の国(新羅(しらぎ))をえるためには神功(じんぐう)皇后に琴をたてまつれといわれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android