コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山バレエ団

1件 の用語解説(松山バレエ団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

松山バレエ団

日本のバレエ団。1948年、日劇のダンサーだった松山樹子と清水正夫によって設立。全国に多くの支部をもつ。総代表を清水哲太郎、団長を森下洋子が務める。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の松山バレエ団の言及

【バレエ】より

…またチャイコフスキー記念東京バレエ団(代表佐々木忠次)は,ベジャールほかの一流の振付師やダンサーを招く一方,定期的に海外にも招かれている。中国との交流を深めた松山バレエ団はヌレーエフとのイタリア公演でも成果をみせた。牧阿佐美バレエ団は橘秋子の没後,牧阿佐美(橘秋帆)を主宰者としウェストモーランドらを招いて古典の新改訂をみせ,活発な公演活動を展開。…

※「松山バレエ団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松山バレエ団の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山バレエ団の関連情報