コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山樹子 まつやまみきこ

4件 の用語解説(松山樹子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山樹子
まつやまみきこ

[生]1923.1.10. 鹿児島
舞踊家,振付師。本姓清水。日劇ダンシング・チームを経て,東勇作に師事し,『白鳥の湖』 (1946) の日本初演に参加。 1948年夫清水正夫を団長に,みずからは副団長として松山バレエ団を創設し,社会主義リアリズムを理論的基盤にしたバレエをつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松山樹子【まつやまみきこ】

舞踊家。オリガ・サファイア,東勇作にバレエを学ぶ。1950年松山バレエ団を組織した。《白狐の湯》(1953年),《祇園祭》(1963年)などの創作がある。→森下洋子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山樹子 まつやま-みきこ

1923- 昭和時代の舞踊家。
大正12年1月10日生まれ。清水哲太郎の母。日劇ダンシングチームをへて昭和15年東勇作バレエ団にはいる。21年東京バレエ団の「白鳥の湖」日本初演に出演。23年夫の清水正夫とともに松山バレエ団・松山バレエ学校を結成。30年「白毛女」を振り付け,主演。33年より中国公演をおこない,日中文化交流につくす。53年引退,振り付け,指導にあたる。鹿児島県出身。東洋音楽学校卒。本名は清水樹子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山樹子
まつやまみきこ
(1923― )

バレリーナ、振付師。本名清水樹子。鹿児島県に生まれる。日劇ダンシング・チームで秦豊吉(はたとよきち)、オリガ・サファイアに師事、1940年(昭和15)東(あずま)勇作バレエ団に入る。第二次世界大戦後、東京バレエ団の『白鳥の湖』の日本初演(1946)に参加。清水正夫(1921―2008)と結婚後、48年(昭和23)に松山バレエ団を創設、『白狐(びゃっこ)の湯』『白毛女(はくもうじょ)』『白鳥の湖』『バフチサライの泉』『祇園(ぎおん)祭』などを上演した。日中文化交流にも尽力し、とくに『白毛女』は中国の文化大革命時代のバレエ界に影響を与えた。78年に引退し、後進の育成にあたっている。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山樹子の関連キーワード新垣松含石井小浪奥田敏子柏木琴華(2代)河上鈴子小森敏彭城秀子法村康之宮城能造山村たか

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone