コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山常次郎 まつやま つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山常次郎 まつやま-つねじろう

1884-1961 大正-昭和時代前期の政治家,実業家。
明治17年3月21日生まれ。東京帝大卒業後,渡米して土木工学をまなぶ。朝鮮で大規模な干拓・開墾・水利事業を展開。大正9年衆議院議員(当選7回,政友会)。明治37年受洗,東京の霊南坂(れいなんざか)教会(日本基督(キリスト)教団)会員として小崎弘道(こざき-ひろみち)らをたすけた。昭和36年6月15日死去。77歳。和歌山県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松山常次郎の関連キーワード朝鮮映画弘田三枝子倍賞千恵子砂川啓介日野コンテッサ900 PC10外材井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナー

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山常次郎の関連情報