コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡環翠 まつおか

美術人名辞典の解説

松岡環翠

幕末・明治の画家。津藩士。名は光訓、通称は橘四郎、別号痴。五十嵐竹沙に学び、山水花鳥を能くした。好んで蓮を画く。江戸住。明治20年(1887)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡環翠 まつおか-かんすい

1818-1887 江戸後期-明治時代の画家。
文政元年9月20日生まれ。伊勢(いせ)津藩士松岡光亨の子。五十嵐竹沙(いがらし-ちくさ)にまなび,墨蓮画を得意とした。明治20年7月14日死去。70歳。名は光訓。字(あざな)は季慎。通称は橘四郎。別号に蓮痴。作品に「雨中蓮・月夜蓮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松岡環翠の関連キーワード有栖川宮 慰子明治時代幕末

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android