松岡環翠(読み)まつおか かんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「松岡環翠」の解説

松岡環翠 まつおか-かんすい

1818-1887 江戸後期-明治時代画家
文政元年9月20日生まれ。伊勢(いせ)津藩士松岡光亨の子。五十嵐竹沙(いがらし-ちくさ)にまなび,墨蓮画を得意とした。明治20年7月14日死去。70歳。名は光訓。(あざな)は季慎。通称は橘四郎。別号に蓮痴。作品に「雨中蓮・月夜蓮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android