コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松島炭田 まつしまたんでん

1件 の用語解説(松島炭田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まつしまたんでん【松島炭田】

長崎県西彼杵半島の北西部およびその西方海上の大島,崎戸島,松島,池島などの諸島,ならびに海底下にある炭田。主要夾炭層は第三紀漸新世の松島層群崎戸累層であり,層厚1~5mの炭層が3枚挟有されている。全体的にみると多くの断層を伴った20度前後のドーム,盆状構造であるが,現在稼行している池島炭鉱は炭層傾斜5度前後の安定した緩傾斜で,年産125万tの一般炭を産出している。埋蔵炭量は約10億3500万tといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松島炭田の関連キーワード家船西海長崎半島西彼杵半島松浦党雲仙諫早さいかい長崎自動車

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone