コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松島炭田 まつしまたんでん

世界大百科事典 第2版の解説

まつしまたんでん【松島炭田】

長崎県西彼杵半島の北西部およびその西方海上の大島,崎戸島,松島,池島などの諸島,ならびに海底下にある炭田。主要夾炭層は第三紀漸新世の松島層群崎戸累層であり,層厚1~5mの炭層が3枚挟有されている。全体的にみると多くの断層を伴った20度前後のドーム,盆状構造であるが,現在稼行している池島炭鉱は炭層傾斜5度前後の安定した緩傾斜で,年産125万tの一般炭を産出している。埋蔵炭量は約10億3500万tといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

松島炭田の関連キーワード高島炭田大瀬戸瀝青炭

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android