コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池島炭鉱 いけしまたんこう

2件 の用語解説(池島炭鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池島炭鉱
いけしまたんこう

長崎県長崎市に属する池島にある松島炭鉱経営の炭鉱。 1948年から海上ボーリングを開始して炭層を確認し,1951年 10月開発開始,1955年9月着炭,1959年から出炭。 1974年から池島西方 3kmの蟇島 (ひきしま) 区域で操業を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

池島炭鉱

1959年に営業出炭が始まった海底炭鉱。坑道の総延長は約90キロ。海面下650メートルで採炭し、1日約4千トンを生産した。閉山後は東南アジア研修生を受け入れ、炭鉱技術を教えている。体験ツアーは3月末まで予定されているが、三井松島リソーシスは4月以降も実施を検討している。予約が必要。料金はコースにより、1人千〜2千円。

(2008-03-03 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池島炭鉱の言及

【外海[町]】より

…中心集落の神浦(こうのうら)は漁港で,神浦川の上流に神浦ダムがあり,長崎市へも給水している。1959年海底炭田の池島炭鉱が出炭を開始して以来,従来の半農半漁の町から石炭産業主体に転換した。現在,就業者の約3割が石炭業に従事する。…

※「池島炭鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池島炭鉱の関連キーワード池島端島出炭戦争が終り、世界の終りが始まった大牟田[市]外海[町]三菱大夕張炭鉱と鉄道福島第一原発5、6号機蠣ノ浦島松島海底炭田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池島炭鉱の関連情報