コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平乗保 まつだいら のりやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗保 まつだいら-のりやす

1750*-1826 江戸時代中期-後期の大名。
寛延2年12月11日生まれ。丹波福知山藩(京都府)藩主朽木玄綱(くつき-とおつな)の9男。松平乗蘊(のりもり)の養子となり,天明元年美濃(みの)(岐阜県)岩村藩主松平(大給(おぎゅう))家4代。奏者番,若年寄,大坂城代,西丸老中をつとめた。文政9年6月26日死去。78歳。通称は慥五郎。能登守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平乗保の関連キーワード神谷雲沢松平乗美

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android