コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信書 まつだいら のぶふみ

1件 の用語解説(松平信書の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信書 まつだいら-のぶふみ

1846-1864 幕末の大名。
弘化(こうか)3年6月8日生まれ。松平信友(のぶとも)の次男。松平信進(のぶゆき)の死去により,文久3年駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩主松平(滝脇(たきわき))家10代となる。元治(げんじ)元年6月12日死去。19歳。通称は助十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平信書の関連キーワード阿座上庄蔵有川恒槌加納久恒土井利教難波金助平岡道弘堀弥四郎本多助成宮地孫市森忠典

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone