コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信書 まつだいら のぶふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信書 まつだいら-のぶふみ

1846-1864 幕末の大名。
弘化(こうか)3年6月8日生まれ。松平信友(のぶとも)の次男。松平信進(のぶゆき)の死去により,文久3年駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩主松平(滝脇(たきわき))家10代となる。元治(げんじ)元年6月12日死去。19歳。通称は助十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平信書の関連キーワード元治松平頼徳王政復古(日本)ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇小幡甚三郎岸沢式佐(5代)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone