松平定法(読み)まつだいら さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定法 まつだいら-さだのり

1835*-1901 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)5年12月29日生まれ。松平定芝(さだしげ)の3男。松平勝道(かつつね)の隠居で,文久2年伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)藩主松平(久松)家10代となる。慶応4年久松に復姓。戊辰(ぼしん)戦争では会津(あいづ)城の攻撃に参戦。明治5年隠居し,養子定弘(さだひろ)(のち子爵)が跡をつぐ。明治34年9月18日死去。68歳。初名定命,のち勝吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android