松平勝道(読み)まつだいら かつみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平勝道 まつだいら-かつみち

まつだいら-かつつね

松平勝道 まつだいら-かつつね

1813-1866 江戸時代後期の大名。
文化10年1月13日生まれ。池田政行の次男松平定芝(さだしげ)の養子となり,天保(てんぽう)8年伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)藩主松平(久松)家9代。万延元年伯方(はかた)島の古江浜(ふるえはま)塩田竣工。慶応2年8月6日死去。54歳。初名は定保(さだもち)。通称は洪五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android