コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平寿子 まつだいら ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平寿子 まつだいら-ひさこ

1848*-1893 幕末-明治時代の女性。
弘化(こうか)4年12月29日生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩主堀田正睦(まさよし)の8女。文久2年石見(いわみ)(島根県)浜田藩主松平武聡(たけあきら)と結婚。第2次幕長戦争で長州軍に攻められた際,病弱の武聡とともに籠城(ろうじょう)を決意したが家臣らのすすめで夫,子とともに城を脱出した。その意志のつよさと淑徳が語りつがれている。明治26年3月21日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平寿子の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android