コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康信 まつだいら やすのぶ

1件 の用語解説(松平康信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康信 まつだいら-やすのぶ

1600-1682 江戸時代前期の大名。
慶長5年2月9日生まれ。松平家信(いえのぶ)の次男。父のあと,寛永15年下総(しもうさ)佐倉藩主となる。摂津高槻(たかつき)藩をへて,慶安2年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主松平(形原(かたのはら))家初代。5万石。70歳で隠居後も藩主の後見をつとめた。天和(てんな)2年6月13日死去。83歳。通称は又七郎。号は別峯。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平康信の関連キーワードクライアー智積院水口藩増田与兵衛鉄眼浮世草子楠流佐渡国朱舜水ロラン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone