コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口藩 みなくちはん

2件 の用語解説(水口藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

みなくちはん【水口藩】

江戸時代近江(おうみ)国甲賀(こうか)郡水口(現、滋賀県 甲賀(こうか)市水口町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は翼輪堂。1682年(天和(てんな)2)、石見(いわみ)国吉永(よしなが)藩から加藤明友(あきとも)が2万石で入って立藩。子の明英(あきひで)は95年(元禄8)に下野(しもつけ)国 壬生(みぶ)藩に移封(いほう)、代わって能登(のと)国下村藩から鳥居忠英(とりいただてる)が2万石で入封(にゅうほう)した。1712年(正徳(しょうとく)2)に忠英も壬生藩に移封となり、入れ替わりに同藩から加藤明英の子の嘉矩(よしのり)が2万5000石で入封した。以後、明治維新まで加藤氏9代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で水口県となり、その後大津県を経て72年滋賀県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水口藩
みなくちはん

近江(おうみ)国甲賀(こうが)郡などを領有した譜代(ふだい)藩。居城水口城(滋賀県甲賀(こうか)市水口町)。豊臣(とよとみ)政権期には中村、増田(ました)各氏の支配を経て長束(なつか)氏が領していたが、1600年(慶長5)長束氏滅亡とともに収公。1636年(寛永13)から1682年(天和2)まで城番が置かれた。1682年加藤明友(あきとも)(譜代)が石見吉永(いわみよしなが)から転封され当藩をおこし、甲賀郡内22か村と大和(やまと)国において2万石を領有した。1695年(元禄8)明英(あきひで)のとき下野壬生(しもつけみぶ)へ転封となり、かわって鳥居忠英(ただてる)(譜代)が入ったが、1712年(正徳2)ふたたび加藤氏(明英の子嘉矩(よしのり))が2万5000石で入った。嘉矩のあと明経(あきつね)、明煕(あきひろ)、明堯(あきたか)、明陳(あきのぶ)、明允(あきまさ)、明邦(あきくに)、明軌(あきのり)、明実(あきざね)と続き明治に至った。1838年(天保9)、42年には領内で百姓一揆(いっき)が起こっている。71年(明治4)水口県となり、同年11月大津県に合併、翌年滋賀県に編入。[藤田恒春]
『『水口町志』上下(1960・水口町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水口藩の言及

【水口[町]】より

…以後,水口城には年番制により5000石から2万石の旗本・大名がほぼ1年半ごとに在番した。しかし82年(天和2)石見(いわみ)国吉永の領主加藤明友が甲賀郡と大和国の一部2万石で入封,水口藩を立藩し,城番制は廃止された。藩主は95年(元禄8)鳥居氏に代わったが,1712年(正徳2)再度加藤氏が入城,2万5000石を領し,9代つづき幕末に至った。…

※「水口藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水口藩の関連キーワード甲賀者石村近江(2代)石村近江(3代)石村近江(4代)石村近江(6代)石村近江(8代)石村近江(10代)石村近江(11代)休斎

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水口藩の関連情報