コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口藩 みなくちはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

みなくちはん【水口藩】

江戸時代近江(おうみ)国甲賀(こうか)郡水口(現、滋賀県 甲賀(こうか)市水口町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は翼輪堂。1682年(天和(てんな)2)、石見(いわみ)国吉永(よしなが)藩から加藤明友(あきとも)が2万石で入って立藩。子の明英(あきひで)は95年(元禄8)に下野(しもつけ)国 壬生(みぶ)藩に移封(いほう)、代わって能登(のと)国下村藩から鳥居忠英(とりいただてる)が2万石で入封(にゅうほう)した。1712年(正徳(しょうとく)2)に忠英も壬生藩に移封となり、入れ替わりに同藩から加藤明英の子の嘉矩(よしのり)が2万5000石で入封した。以後、明治維新まで加藤氏9代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県水口県となり、その後大津県を経て72年滋賀県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水口藩
みなくちはん

近江(おうみ)国甲賀(こうが)郡などを領有した譜代(ふだい)藩。居城水口城(滋賀県甲賀(こうか)市水口町)。豊臣(とよとみ)政権期には中村、増田(ました)各氏の支配を経て長束(なつか)氏が領していたが、1600年(慶長5)長束氏滅亡とともに収公。1636年(寛永13)から1682年(天和2)まで城番が置かれた。1682年加藤明友(あきとも)(譜代)が石見吉永(いわみよしなが)から転封され当藩をおこし、甲賀郡内22か村と大和(やまと)国において2万石を領有した。1695年(元禄8)明英(あきひで)のとき下野壬生(しもつけみぶ)へ転封となり、かわって鳥居忠英(ただてる)(譜代)が入ったが、1712年(正徳2)ふたたび加藤氏(明英の子嘉矩(よしのり))が2万5000石で入った。嘉矩のあと明経(あきつね)、明煕(あきひろ)、明堯(あきたか)、明陳(あきのぶ)、明允(あきまさ)、明邦(あきくに)、明軌(あきのり)、明実(あきざね)と続き明治に至った。1838年(天保9)、42年には領内で百姓一揆(いっき)が起こっている。71年(明治4)水口県となり、同年11月大津県に合併、翌年滋賀県に編入。[藤田恒春]
『『水口町志』上下(1960・水口町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水口藩の言及

【水口[町]】より

…以後,水口城には年番制により5000石から2万石の旗本・大名がほぼ1年半ごとに在番した。しかし82年(天和2)石見(いわみ)国吉永の領主加藤明友が甲賀郡と大和国の一部2万石で入封,水口藩を立藩し,城番制は廃止された。藩主は95年(元禄8)鳥居氏に代わったが,1712年(正徳2)再度加藤氏が入城,2万5000石を領し,9代つづき幕末に至った。…

※「水口藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水口藩の関連キーワード荒木 古童(初代)荒木古童(2世)荒木古童(2代)平瀬 光慶加藤 明実滋賀(県)甲賀(市)加藤明英荒木古童細野 正加藤明友鳥居忠英中村栗園加藤嘉明巌谷一六水口城赤報隊近江国長束移封

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android