コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平家信 まつだいら いえのぶ

2件 の用語解説(松平家信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家信 まつだいら-いえのぶ

1565-1638 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)8年生まれ。松平家忠(いえただ)の子。天正(てんしょう)18年徳川家康の関東入りの際,上総(かずさ)五井に5000石をあたえられる。元和(げんな)4年1万石に加増されて三河(愛知県)形原(かたのはら)藩主となり,翌年摂津高槻(たかつき)(2万石)に移封(いほう)。寛永12年下総(しもうさ)佐倉藩主松平(形原)家初代。4万石。寛永15年1月14日死去。74歳。三河出身。初名は家副(いえすけ)。通称は又七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平家信

没年:寛永15.1.14(1638.2.27)
生年:永禄8(1565)
江戸前期の大名。下総佐倉藩主。幼名は家副,のち紀太郎,又七。松平家忠の次男,母は酒井正親の娘。小牧・長久手の戦,小田原の陣などで活躍。天正18(1590)年徳川家康関東入国の際,上総五井5000石を賜る。慶長19(1614)年大坂冬の陣には従軍したが,同夏の陣には病により次男康信を遣わす。元和5(1619)年摂津国高槻2万石を受け,寛永12(1635)年に下総国佐倉藩主(4万石)。佐倉の光忠寺に葬る。

(川村優)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松平家信の言及

【佐倉藩】より

…33年(寛永10)利勝の下総古河(こが)への転封後,石川忠総入封(7万石)。35年松平家信(4万石),42年老中堀田正盛が入封(11万石)し,正盛の子正信のとき,いわゆる佐倉惣五郎事件が起こった。これは53年(承応2)のことらしい。…

※「松平家信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平家信の関連キーワード大矢野松右衛門順専正玄正山雪林等木乗附為春斎林利玄村上吉清吉田兼治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone