コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠政(2) まつだいら ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠政(2) まつだいら-ただまさ

1581-1607 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)9年生まれ。榊原康政(さかきばら-やすまさ)の長男。外祖父大須賀康高の養子となり,遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀城主。徳川家康の関東入りの際,上総(かずさ)久留里(くるり)3万石にうつされる。慶長6年横須賀にもどり横須賀藩主松平(大須賀)家初代。5万5000石。慶長12年9月11日死去。27歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠政(2)の関連キーワード安土桃山時代(年表)ベンティボリオ日野輝子松平忠吉ガリレイパスカル(Blaise Pascal)竜造寺政家駿府城ヘームスケルク犬山藩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android