コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜造寺政家 りゅうぞうじ まさいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜造寺政家 りゅうぞうじ-まさいえ

1556-1607 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)2年生まれ。竜造寺隆信の長男。豊臣秀吉の九州攻めで功をたて,肥前(佐賀県)の旧領を安堵(あんど)される。天正(てんしょう)18年病弱を理由に隠居を命じられ,国政の実権は重臣の鍋島直茂(なべしま-なおしげ)にうつった。慶長12年10月2日死去。52歳。名は鎮賢。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竜造寺政家

没年:慶長12.10.2(1607.11.21)
生年:弘治2(1556)
戦国から江戸時代初期にかけての肥前(佐賀県,長崎県)の武将。長法師丸,太郎四郎。実名は鎮賢,久家,政家と変化。官途は民部大輔。天正16(1588)年侍従となる。隆信の子。天正9年の隆信の隠居後,家督を継ぐ。豊臣秀吉に従い,同15年,肥前国7郡を安堵される。同18年隠居し,子の高房が家督を継承,鍋島直茂が後見を行う。慶長12(1607)年に高房,政家と相次いで没し,以後は鍋島氏が佐賀藩主として君臨することになった。<参考文献>堀本一繁「竜造寺氏の二頭政治と代替り」(『九州史学』109号)

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうぞうじまさいえ【竜造寺政家】

1556‐1607(弘治2‐慶長12)
桃山時代の肥前佐賀(嘉)城主。父は竜造寺隆信。1580年(天正8)父隠居のあとをうけて相続。実質的には父の死亡(1584)後に実権を握る。しかし戦国大名としての地位は大幅に後退した。87年,豊臣秀吉によって本領の肥前4郡(佐嘉,小城,藤津,三根)を安堵され,のち羽柴姓・豊臣姓を受ける。90年には,秀吉の鍋島氏重用策により,子藤八郎に譲って隠居。隠居領5000石。子藤八郎(高房)の領知高は肥前国30万9902石。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜造寺政家の関連キーワード瀬川菊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android