久留里(読み)くるり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久留里
くるり

千葉県君津(きみつ)市東部の地区。旧久留里町。小櫃(おびつ)川中流に位置する商業中心地。戦国時代、里見義堯(よしたか)が築いた山城(やまじろ)の久留里城があり、雨城(うじょう)ともよばれていた。伝統工芸のクロモジの木を使った雨城楊枝(ようじ)がいまに伝えられている。近世には3万石の大須賀(おおすが)氏、土屋氏、黒田氏と続き、流域の農村を後背地とした市場町でもあった。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久留里の言及

【君津[市]】より

…箕輪(みのわ)に法隆寺式伽藍配置の九十九坊廃寺があり,奈良時代の郡寺といわれる。内陸部の久留里(くるり)には中世に真里谷武田氏,里見氏が拠った久留里城がある。近世に久留里藩が成立して大須賀,土屋,黒田各氏が城主となり,城下町が形成され,月2回の定期市も開かれた。…

※「久留里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久留里の関連情報