コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留里 くるり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久留里
くるり

千葉県西部,君津市の東部,小櫃 (おびつ) 川の中流域にある旧上総町の中心地区。江戸時代の久留里藩 3万石の城下町であり,市場町でもあった。現在も周辺地域の農林産物の集散地で久留里市場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久留里
くるり

千葉県君津(きみつ)市東部の地区。旧久留里町。小櫃(おびつ)川中流に位置する商業中心地。戦国時代、里見義堯(よしたか)が築いた山城(やまじろ)の久留里城があり、雨城(うじょう)ともよばれていた。伝統工芸のクロモジの木を使った雨城楊枝(ようじ)がいまに伝えられている。近世には3万石の大須賀(おおすが)氏、土屋氏、黒田氏と続き、流域の農村を後背地とした市場町でもあった。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久留里の言及

【君津[市]】より

…箕輪(みのわ)に法隆寺式伽藍配置の九十九坊廃寺があり,奈良時代の郡寺といわれる。内陸部の久留里(くるり)には中世に真里谷武田氏,里見氏が拠った久留里城がある。近世に久留里藩が成立して大須賀,土屋,黒田各氏が城主となり,城下町が形成され,月2回の定期市も開かれた。…

※「久留里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久留里の関連キーワード君津市立久留里城址資料館かずさオートキャンプ場千葉県君津市久留里梅暮里谷峨(初代)松平忠政(2)黒田土佐子梅暮里谷峨尼子久次郎木村勘兵衛林忠左衛門黒田 直養黒田直侯加納久恒黒田直和黒田直英土屋利直黒田直亨相馬忠胤黒田雅子黒田直静

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久留里の関連情報