コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠雄 まつだいら ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠雄 まつだいら-ただかつ

池田忠雄(いけだ-ただかつ)

松平忠雄 まつだいら-ただお

1673-1736 江戸時代前期-中期の大名。
延宝元年10月20日生まれ。深溝(ふこうず)松平家の一族松平伊行(これゆき)の次男。松平忠房(ただふさ)の養子となり,元禄(げんろく)11年肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝)家第1次2代。風水害や大火,蝗害(こうがい)により悪化した藩財政の立て直しのため,黒川政勝を側用人に登用した。享保(きょうほう)21年2月7日死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平忠雄 (まつだいらただお)

生年月日:1673年10月20日
江戸時代中期の大名
1736年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平忠雄の関連キーワード生年月日池田忠雄松平忠俔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android