コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平昌勝 まつだいら まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平昌勝 まつだいら-まさかつ

1636-1693 江戸時代前期の大名。
寛永13年3月11日生まれ。越前(えちぜん)福井藩主松平忠昌(ただまさ)の子。弟光通(みつみち)より2ヵ月はやく生まれたが庶子のため福井藩主をつげず,正保(しょうほ)2年越前松岡藩主松平家初代となった。5万石。元禄(げんろく)6年7月27日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平昌勝 (まつだいらまさかつ)

生年月日:1636年3月11日
江戸時代前期の大名
1693年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の松平昌勝の言及

【松岡[町]】より

…西流する九頭竜(くずりゆう)川が福井平野に出るところに位置し,町域の北半はその扇状地が占める。1645年(正保2)松平昌勝が福井藩から5万石を分知され,九頭竜川南岸の芝原江上村に館を置いて松岡と改め,松岡藩が成立,侍屋敷約300の館町として発展した。〈松岡八町〉といわれる町屋敷も整い,17世紀末には家数358。…

※「松平昌勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松平昌勝の関連キーワード松岡[町]生年月日松平宗昌松平綱昌松平吉邦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android