コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平清道 まつだいら きよみち

1件 の用語解説(松平清道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平清道 まつだいら-きよみち

1634-1645* 江戸時代前期の大名。
寛永11年生まれ。松平(奥平)忠明(ただあきら)の次男。寛永21年父の遺領から3万石を分与され播磨(はりま)(兵庫県)姫路新田藩主となったが,7ヵ月後の正保(しょうほ)元年12月26日病死,家はたえた。11歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平清道の関連キーワードロトルーマトス前田利常宮本武蔵崇禎暦書スペックス徳川忠長とお昌両口屋是清津山城伊賀越の仇討ち

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone