松平直徳(読み)まつだいら なおのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直徳 まつだいら-なおのり

1869-1931 明治-昭和時代前期の華族。
明治2年7月23日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平慶憲(よしのり)の次男。兄直致(なおむね)の養子となり,明治17年家督をつぐ。明石銀行,辰馬本家酒造の取締役。子爵。貴族院議員。昭和6年12月24日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android