コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平慶憲 まつだいら よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平慶憲 まつだいら-よしのり

1826-1897 江戸後期-明治時代の大名。
文政9年9月7日生まれ。松平斉韶(なりつぐ)の長男。松平斉宣(なりのぶ)のあと,天保(てんぽう)15年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(越前(えちぜん))家9代となる。洋式砲術を導入し,海防につとめた。明治30年11月8日死去。72歳。初名は直憲。通称は濤次郎。号は鶴雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平慶憲の関連キーワード松平 直徳松平直致松平直徳

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android