松平義孝(読み)まつだいら よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「松平義孝」の解説

松平義孝 まつだいら-よしたか

1694-1732 江戸時代中期の大名
元禄(げんろく)7年9月17日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩主徳川綱誠(つななり)の15男。養父松平義行(よしゆき)の隠居で,正徳(しょうとく)5年美濃(みの)(岐阜県)高須藩主松平(尾張)家2代となる。享保(きょうほう)17年5月21日死去。39歳。通称は万三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android