コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤定房 とう さだふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤定房 とう-さだふさ

1694-1732 江戸時代中期の歴史家。
元禄(げんろく)7年生まれ。藤斉延(まさのぶ)の長男。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。生家は厳原(いずはら)八幡宮の神職。幼時より家学をおさめ,小笠原流礼法の免許もえる。病弱だったが,「本州編稔略」「対馬編稔略」などの編著をのこした。享保(きょうほう)17年8月死去。39歳。名ははじめ定清,定許。通称は右近

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤定房の関連キーワード三宅康高安藤定殻宗助国歴史家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android