コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平舎人 まつだいら とねり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平舎人 まつだいら-とねり

1812-1867 江戸時代後期の武士。
文化9年生まれ。嘉永(かえい)3年出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)家老となる。松平慶永(よしなが)らの公武合体派と通じ,大山庄太夫らと藩政改革をはかったが失敗して謹慎を命じられ,慶応3年2月5日自刃(じじん)。56歳。名は敬親。号は藍水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平舎人の関連キーワード第2次英米戦争イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフティチング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android