コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平親氏 まつだいら ちかうじ

1件 の用語解説(松平親氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平親氏 まつだいら-ちかうじ

?-? 室町時代の武将。
世良田有親(せらだ-ありちか)の子。永享の乱室町幕府の追及をうけ,父とともに上野(こうずけ)(群馬県)新田荘(にったのしょう)得(徳)川村を出,遊行(ゆぎょう)僧となる。のち三河(愛知県)にすみ,はじめ坂(酒)井氏,ついで松平信重の娘婿となり,徳川家康につらなる松平氏の祖とされる。没年は応仁(おうにん)元年(1467)ほか多数の説がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松平親氏の言及

【徳川氏】より

…中・近世の武家。三河・常陸・因幡国の徳川氏があるが,江戸幕府の征夷大将軍家となった三河徳川氏が著名(図)。三河徳川氏は清和源氏新田義重の子四郎義季にはじまるという。義季は上野国新田郡世良田郷徳河(現,群馬県新田郡尾島町)を分与され,徳川(また得川)を称した。6代政義は新田義貞に従って本領をはなれ,親季・有親と諸国を流浪,親氏が三河国加茂郡松平郷(現,愛知県豊田市松平町)の松平信重の婿になり,松平氏を継いだ。…

【松平氏】より

…中世後期の三河国の有力武士で,惣領家は1566年(永禄9)徳川と改姓して江戸時代の将軍家となり,一族は大名,旗本となった(図)。
[松平氏の発祥]
 江戸幕府公認の松平氏発祥譚では,清和源氏新田氏の庶家徳川氏の末裔は,足利氏の迫害のため,本貫の地上野国新田郡徳川郷を退去して時宗の僧となって諸国を流浪し,親氏(ちかうじ)の代に三河国加茂郡松平郷の土豪松平氏の娘婿となったのが,源姓松平氏のはじまりで,9代の後裔家康の代に〈復姓〉したという。…

※「松平親氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平親氏の関連キーワード群馬県太田市世良田町江田行義世良田有親世良田親氏世良田政義世良田満義世良田義周世良田義政世良田頼氏世良田氏

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平親氏の関連情報